サイトやブログ作成用に定期的に「使える画像」を物色中。
近頃では、様々なフリー素材サイトの発達とクオリティアップにより、昔より格段に便利になったけど、一つ一つ微妙に違う規約の確認に神経を使う・・・意外に時間的なロスだったり。

それと、特にウェブサービス系で考えておきたいのは、あしたには消えてしまうサービスなんかは当たり前。
どこで拾ってきたか忘れてしまうような使い方は、将来的に著作権や肖像権を盾にとった訴訟沙汰をちらつかせた詐欺なんかも予測できる。
正規であれ詐欺であれ「訴訟沙汰のへ対応」は費用も労力も精神的な負担も、とにかく莫大なコストとなる。

フリー素材サイトが発達した今、こうしたダウンロードに頼らないパッケージ商品の入手は、一見合理性が低いように思えるが、「買ったモノが証拠として残る」点において安全性が高い。

ダメもとで大手通販ポータルを物色していたら・・・投げ売り状態の「素材辞典 vol.222 ビューティー メイク&ケア」を発見♪
中古かと心配したけど、フィルム未開封の新品で一安心。

この手の人物系だと特に肖像権が絡むので、風景やモノと違ってより慎重な取り扱いが必要。
マジで画像検索からテキトーにコピペとかだと、後で痛い目に合うパターンも。

ユーザー登録証がこんな感じ。番号はぼかしてあります♪・・・が、
データクラフト社の破産によりユーザー登録の仕組みはなくなっています。
(データクラフト社やらイメージナビ社に権利が移ったようです)
使用規約の順守が求められているのみです。

特に、美人系な女性の画像は、ブログや物販系のサイト作成などのイメージアップにとって汎用性が高いのよよん。